建物エバリュエーション

QUASI VICTORY CASE

団地再生Fujimi Vingt-sept308(ダンチサイセイ フジミ ヴァンセット サンマルハチ)(東京・立川市)

団地再生Fujimi Vingt-sept308(ダンチサイセイ フジミ ヴァンセット サンマルハチ)(東京・立川市)

受賞者:香取 柄美氏

コメント:ご主人と共同で古いマンションや戸建てを再生し、同じ価値観を持つ人に貸して、その後も賃借人とお互いの家を行き来したりといった交流を持つ…そういうスタイルをかれこれ10年近く続けている極々小規模な「大家」さん。
築50年の団地の、現在では実現不可能なゆとりのある敷地計画や特徴ある意匠に価値を見出し、「若い世代にアピールができる」と感じてセルフリノベーション(DIY)を実行。

【応募資料より】
「立川」駅からバス便、築50年の団地。ほぼ建てた当初のままの一室が数年間の空き部屋の後、売りに出ているのを見に行き、気に入って購入。友人から処分予定の手の込んだガラス入り建具を譲り受けて再利用。空間の印象を上げることができました。
全て新しくする方が改装としては楽なのですが、それでは没個性的です。一度壊してしまったらもう再現出来ないディティールや雰囲気を損なわないように注意を払いました(予算削減というメリットも、もちろんあります)。
例えば、床はシートを剥がし飴色の美しい木目に戻す・既存の流しにタイルやペンキでリメイクする・マスキングに手間のかかる建具の塗装…これらに多くの時間と労力を費やしています。
家賃5万円前後が通常の相場なのに対し、この部屋は募集開始から僅か1週間余りで、家賃8万5千円で決まりました。
借りているのは自宅でお仕事をされる若い方です。DIYも可能にしていますので、今後どんなアレンジがされていくかということも、大家として、とても楽しみです。