建物エバリュエーション

QUASI VICTORY CASE

大阪瓦町オフィスビル ホテルコンバージョン工事(大阪・大阪市)

大阪瓦町オフィスビル ホテルコンバージョン工事(大阪・大阪市)

受賞者:ケーアンドイー株式会社 関西支社

コメント:建物のライフサイクル全般に渡り、「建設サービス業」として、お客様に対して、よりきめ細かいサービスを提供している。
都市部の繁華街の中心の築年数が浅いオフィスビルを、ホテルへコンバージョン。構造躯体に関する工事がほとんど必要ないというメリットがあり、改修工事費の大半を内装や設備投資に充当することができたため、高付加価値なデザイン性と高い遮音性能を実現した。

【応募資料より】
オフィスビル当時のエントランスロビーの壁と床は総大理石で高級感漂う内装であった。コンバージョン後のホテルのデザインは、社交的で好奇心旺盛な新世代トラベラー向けのスタイリッシュなデザインとカジュアルでアットホームな空間が特徴であり、既成概念の高級感とは一線を画すものであった。そこでエントランス、ロビーでは、既存の壁、床大理石張りの内装を撤去して、コンクリート素地や古木風の内装材と家具、装飾備品によって、普通のホテルでは体験できないようなワクワクする空間という付加価値を持った空間へと変わった。
また、当物件は鉄骨造のため、鉄筋コンクリート造と同等の気密性・遮音性を確保することは困難と思われたが、客室を快適な居住空間とするために、空気音遮断性能や床衝撃音遮断性能に関する対策を行う必要があると感じた。測定実験の結果を検討し、音漏れの原因と判断した部位に対策を施し、鉄筋コンクリート造の性能を上回る、高い遮音性能を実現した。